スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

clock zero~終焉の一秒~









clock zero
 
clock zeroプレイしました。
全員攻略、レインルート開放
残りはスチル数枚回収すれば終了なんですが・・・
いやー・・・・・・・・・・・・・・・・・(放心)。

今までいろいろと乙女ゲーム系はしてきましたが
はっきり言ってこんなに泣くとは。
なんですかこれ。もー・・・。
-------------------------------------------------------

軽くあらすじ紹介。
2010年秋

都内にある私立学校「秋霖学園」の初等部に通う、
小学6年生の主人公 九楼撫子。
幼馴染の理一郎と共に比較的穏やかな学生生活を過ごしていたが
一時期から彼女は毎日のように不思議な 夢 を見るようになる。
それは暗く、陰鬱な、赤と青に彩られた黒い空が覆う荒廃した世界の夢だった。

そんなある日、撫子と理一郎は新任教師・神賀旭に呼び出される。
同じく教室に呼び出されたのは、ほかのクラスの問題児と噂される
生徒や下級生を含め、計6人。

そこで先生が告げたのは「問題児である君たちに課題を与えます」という言葉だった。
即席の仲間たちと共に、先生に与えられた課題をこなさなければならなくなったメンバー。
四苦八苦しながらも充実した学生生活をおくる裏で、
徐々に現実を侵食して行くなぞの数々。
そして、さらに翻弄される撫子の前に現れたのは
何故か夢の世界で会った事のある人物だった。
どこか見覚えのある彼との出会いによって、運命の歯車は廻りだす-----。
-------------------------------------------------------
というわけで。
ゲーム前半は小学生の流れで進んで行きます。
課題を通じて彼らと交流していく形なので 多少の作業がありますが
一周した後は楽になるので、結構ストレスなく進められました。

大人の甘さではなくて、小学生なりの甘酸っぱさと言うか
そういうものがメインなので、・・・「乙女ゲーム」としては
やっぱりちょっと物足りなく感じてしまいましたが、
それを終えたら 2020年は本当に甘いですww
甘くて切ないですが。
そして後半は、10年後の「壊れた世界」で大人になった彼と恋に落ちる事になります。
だけどね、同じ「彼」なんだけど何かどこかが違う・・・・

姿形が同じでもやっぱり10年前の2010年の彼とは違くて・・・

近似値の世界なので全く同じ世界ではないわけで。
思い出も微妙に違う。
確かに知っているはずの彼なんだけど、
ふとした時に別人を感じるんですよね。
同じように信用したい。
でも・・・本当に信用していいの????

そのあたりの話しの作りこみが、うまいなぁと感じました。

2020年の彼と2010年の彼。家族や生活・・・・。
どちらか選べば、どちらかとは別れなければならない。
手に入れるもの・・・手放すもの。
そういった意味では、本当にどちらを選んでも
結果切ないですよね。

2020年の彼らも そーとー全力で愛してくれるので・・・。
現代へ帰還endではもぅ号泣してました。 ←

帰還した後、壊れた世界で一人になってしまう彼の事を思うと
本当に切なくてやりきれない。

大人の彼は 自分の幸せを望んでいて心を殺して
現代に帰そうとしているのが 分かりすぎるから。
しかも元の世界に戻れば、撫子の記憶の中から自分は消えてしまう事も
分かっているのに。

置いて行きたくない、別れたくない、忘れたくない・・・・。
いやいや 泣くとは思ってなかったですよ?w。
ゲームで泣くなんて と思っていた口なんだけど・・・
もぅなんだろ 駄目でした。

攻略順ですが最初は何となく流れで、
いつも隣にいる幼馴染の理一郎をw。
次はあんまり興味ない 円から先に攻略したんですが

なんでこんな はまってんだよ!!!(`Д´#)

っていうくらいドはまりしたキャラでした。
鳥海さんボイスもすっばらしかったです。
(多分それが大きいのかな?)
そして切ないと聞いていた終夜ルートでもぅ
立ち上がれないくらい泣きました・・・・。なんなの・・・もぅ・・
どんだけ終夜 優しいのー・・ 
そんな彼に限って残酷な運命が・・・ (┳◇┳)

で、一番やりたかった寅之助♪
杉山さんボイス炸裂でした。
もぅ お嬢様と不良の恋は永遠のテーマだねww。
エロ甘で怖くて・・・トラサイコー♪病んでるねっ
そして何となく最後に残していた鷹斗ルート。
一人攻略後から鷹斗は攻略できます。
やっぱり彼のルートやると、clock zeroの世界が良く分かりますね。
何で世界が壊れる事になってしまったのか。

最後にとっておいてよかったと思いました。
鷹斗ルートからレインへ。

レインも・・うーん・・
最後のあれは・・・・ウーン・・・・
それとやっぱりこのclock zeroは
OP・挿入歌・BGMなどがとにかく素晴らしかった。

あ、アムネシアとBGMの感じが似てるなぁと
思ったんだけどやっぱり同じ人ですよね?。

各キャラのテーマBGM・・私は特に円のBGMが大好きでした。
キングのテーマもすごく良く合っていたし・・・
今では挿入歌聴いただけで切ない気分にww
一番いい盛り上がりのシーンで流れてくるのもまた切なくて。
帰還endで「そしてまた、ここから」が流れてくると
もう涙腺が・・・・あわわわわ。



でも・・・この歌詞って何となく鷹斗未来残留endっぽい内容だなと
思ったんだけど・・・。
何故かどのキャラの帰還endでも聞くと涙が・・・。
それだけ世界観にあった素敵な歌なんでしょうね。
とりあえず余韻が残っているうちに、感想だけでもと書いてみました。

各ルートの感想はまた別の機会に書いてみたいと思います(。-∀-)♪







関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

このゲームと引き合わせてくれてありがとうです。
機会があったらやろうやろうと思いつつ、結局やれてなかったゲームでしたので。

始めた頃は、某アニメとよく似た世界観やなにやかやで、戸惑ったりもしたのですが、気にせず進めていったら大丈夫でした。

キャラ萌えとか、シナリオがいいとか、色々あったりするのですが、このゲームくらい、誰を最萌えにしたらいいか悩むゲームも珍しかったです(皆よかった!!)
現代Verは悩むことなく、理一郎ですが(笑)
この子は、ほんとに良かった。どの√でも、撫子き好きオーラでまくり。
誰ともくっついてないタイムカプセルの時でさえ、主人子が迎えに来ちゃったり、家族公認で家にあげてもらえていたり。。。。

未来Verは、本人√で一番萌えたのはトラ。ほかの人√も全部合わせれば、まさかのビショップが一番お気に入りです。
冷静沈着、皮肉屋で素直じゃなくて、でも根本的に優しい彼が大好きになりました。もう少し分かりやすく愛してほしかった(笑)

でも、です。。。
きっと、未来Verで自分が選ぶのは、キングか、放浪者なんだろうなあ。
両方とも、キャラとしては、そこどうよ?と思う行動に走ります。
でもですね、逆にそれがあるので、選んでしまうんですよね。。

キングは言わずと知れてますが、撫子がいないと、また狂って世界を崩壊させるか、もしくは死を選んんじゃうか、どっちかだと思います。。。。
放浪者は、撫子が傍にいないと、撫子を探して探し続けて、死んでそうな気がします。。。

見捨てられないんですよねえ、この2人が。。。
ほかの3人は、きっとどんなに辛くても(表面上は)なんとかそれ受け入れて、社会生活送れそうな気がするんです。
でも、このダメな大人2人は、そんな選択ができないと思うんですよ。。。
多分ね、このひとたち、長いこと撫子を求めすぎて、一部間違ってる愛情になってる気がします。その、ちょっと回線狂っちゃってるっぽいところが、好きでした。
他の3人がこの人たちより愛情が少ない訳ではもちろんないと思います。
ただ、この人たちの方が、目に見える分だけ、無視しづらいっていうか、自分が見離せないだけなんです。

いや、ゲームでこういう感覚になることってあんまなかったんですけどねー。。。

とにかく、いろいろありがとでしたー。

No title

どうですか、燃えつきましたか(*´∀`*)
楽しんでいただけて良かったです^^

私はこのゲーム好きすぎて、
多分実は2回くらいとかプレイしてないんです(笑)
感想も書いてないし・・ww

本当に色々考えるゲームですよね。
私の最萌は大人組、特にビショップでしたが。

そうか・・・いちあやさんは・・・
ダメ男に引っかかるんだなぁ(笑)

キングは、やっぱり世界を壊してしまった責任は取らなきゃいけないんじゃないかと。首を取られるか焼死か・・
だから残留endの小さな部屋にいる彼には違和感が
ありました。その違和感は生き残ってしまった
レインも一緒なんだけど。

でも、あれですよね。
全力で愛してくれる大人組を振り切って
帰還するときの切なさったらないですよね・・。
こんなに部分的に見たら切ないゲームも
そうないんじゃないかと・・。

BGMの使い方もいいし、もちろんBGMそのものも
とってもいいですよね。

あー、ごめん今日私酔っぱらっているので
うまく言えないんだけど、
とにかく印象に残るゲームだと思います(*´∀`*)
いちあやさんのお気に入りになってくれれば
私も嬉しいですよ。

というわけで、お疲れ様でした^^
また次のゲームも攻略頑張ってくださいませ♪

購入&プレイ予定
*-tetrascopu
------------------

↓積み中↓
アルカナファミリア
アルカナファミリア幽霊船
二世の契りFD
裏語 薄桜鬼FD
レンドフルール
絶対階級学園
Vamwolf Cross
プレイ済感想UP未定
プレイ済ですが感想up未定or途中

スタスカ秋after
華アワセ~姫空木
忍び恋うつつ
薄桜鬼
薄桜鬼 随想録
薄桜鬼 遊戯録
緋色の欠片&FD&蒼黒の楔
翡翠の雫
ウィル・オ・ウィスプ
スクールウォーズ卒業戦線
vitamin X
vitamin R
CLOCK ZERO
ときメモGS3
TOKYOヤマノテBOYS ダークチェリー
TOKYOヤマノテBOYS BLACK VANILLA
TOKYOヤマノテBOYS PURE RASPBERRY
蝶の毒 華の鎖
蝶の毒 華の鎖 幻想夜話
ワンド2FD
いざ出陣!恋戦
デスコネクション
三国恋戦記
三国恋戦記FD
ヒイロノカケラ
ヴァルプルガの詩
ディアラバDF
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
はるあ

はるあ

Author:はるあ
2014年5月にjugemからお引越ししました。
記事内のリンク(主に別記事への
リンク)作業が追い付いていない
ので、お探しの場合は右上の
検索フォームをご活用ください。

乙女ゲーと声優さんが好き。
柿原さん/宮田さん/森川さん/
櫻井さんあたりに萌え叫びます。
特にカッキーに発狂ぎみなので
カッキーキャラは
感想記事がおかしくなります。

プレーリードッグやジリスに激萌え。
今は後をついて歩いてくるモルモット♂を溺愛中。


Twitter @harua355

Twitterブログパーツ<br />


Twitterブログパーツ






最新記事
月別アーカイブ
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
ブロとも一覧

月虹GATE

続・乙女でもいいですか?

萌えの掃溜め

趣味は(乙女)ゲームです。

今日も幸せBLOG♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
counter
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。