スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事内リンク等色々間違っていますね、な雑記。

 こんばんはー。

ふと、アクセス解析を見て思ったのですが。

このブログにはNOISE記事で遊びに来てくださる方が多いのですが、
限定公開にしている辺りの パスワードとか
その辺りいろいろ間違っていますね('・c_・` ;)滝汗ドバァ

前のjugemから引っ越した時に、今は使っていないWEB拍手なんぞは
必死に撤去したと思っていたのだけど、
記事によっては残っていたり、jugem時代の記事に拍手してくださって
いたりするのに気が付いてからもぅ何ていうか
申し訳なさでいっぱいです・・・orz 本当にすみません( ノД`)シクシク…。

先日5月に引っ越した後初めて、以前使っていたweb拍手の管理画面見たら
5月以降の拍手数が50越えていまして焦りました・・。
でもなんかjugem自体も1か月のHIT件数が12万とかおかしかったんですけどねー・・
何だったんだろうあのアクセス数。

はっΣ(゜ロ゜;)!!そんな事より!!


とりあえず急ぎNOISEの記事だけは直しましたが、
変な話・・・ブログってなかなか一期一会じゃないけど、最初に思い切り
気に入っていただけないとその次に遊びに来て頂けることがないと思うので
(この辺りはその管理人さんとの相性なんでしょうか・・文章の感じとか
雰囲気とか・・・)
折角読んでいただいたのに最後に申し訳なかったなぁと・・。

んー・・難しいですね。反省。

記事数も多いので一度には無理なんですが色々と
手直ししていきたいと思います。
何か変なところがあったら遠慮なく言っていただけたら・・と思いますので
よろしくお願いします(*´ω`*)

ではでは。


スポンサーサイト

NOISE~Voice of Snow~ 感想7 (ギルフォード2)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

NOISE~Voice of Snow~ 感想6 (ギルフォード1)




NOISE~Voice of Snow~ 感想6 (ギルフォード)


  Operetta Noise -Voice of snow-

---------------------------------------------------cv.箭内 仁

デイクス家の首領。闇組織の首領らしく冷酷非情・・・
に、見えて身内に対しては情に熱いという一面も。

ディクス家主催の闇市でマナを買うが、一切手出しせず、
むしろ無関心。目的が知れず、度々マナを困惑させる。

「今世で最後の魔銃使い」
「奴の魔弾は底なしだ」

と囁かれている。

---------------------------------------------------


ギルフォードルートですが、
ギルの光ルートは制限がかかっていてまず闇ルートを
クリアしてから光ルートとなります。

光ルートのBEST ENDを見る事で、END「0」がオープン。
そして、トップページに「REPORT」がオープン。

初めてプレイした時に、BEST END Bを先にオープンさせてしまったんですよね・・
あれあれ?と思っているうちに、 0とREPORTがオープンして・・。
何度やっても Aルートに入れずに発狂しかけましたヾ(´゚Д゚`
Bルートだけでは、話が繋がらない箇所があったので
どーやったら入れるの!?
もしかしてバグ??とサポートセンターに問い合わせたら、
ABどちらかをみると END 0が開くとの事で、
どの場所あたりでもぅ一度違う選択してみて下さいとアドバイスを頂き・・。
バグじゃなかったんだ!!わー(喜
こんな事で問い合わせるなんて初めての経験でした(笑)

ギルフォードのEND「0」に関しては、誰にも言わないでという注意書きが
一番初めに出てしまうので、・・・・うーん困った。

NOISEの世界観は、ギルフォードの光ルートに集結しているので
(あくまで個人的な感想ですが)
ここを伏せてしまうと どうしても訳の分からない話になってしまって
プレイしてない方は 全然分からない話だと思うし・・

本当はいつものように、あらすじ紹介しながら感想書きたいのですが
それが出来ない以上どうすればヽ(´Д`



とりあえず、ギルの闇ルート感想書きます。
未プレイの方、ネタバレすると思うのでご注意を。



*---------闇ルート


ディクスの人たちが戦闘に出かけた後 屋敷で1人残るマナは
皆を思い、昔「兄のセツ」から教わった歌を歌うのですが、それを見たギルは・・

「「マナ(お前)」だったのか」



一体ギルがどうしてここまで気がつかない?と言う疑問もありましたが
それもうまく繋がって行きます。

家族を守りたいとブレイドになるマナですが、
魔銃の使い方をギルから教わり、ギルのブレイドに^^

もともと、歌使いなんで魔弾はいくらでも歌に乗せて出す事が
出来る・・と言うのをギルから「同調」されて教わります。

このルートでは、マナはギルの事を尊敬していて、
完璧にギル様を守るんですねー。強い強い(笑)。
ローズに当てられて、自分の気持ちに気がついた後でも
気持ちを隠して、「ギルフォード様を守るのが任務」と。

そんなマナに、ギルは不満みたいですが。
ちょこちょこちょっかい(?)は出してくるのがまた。

ふと思ったんですけど、攻略対象が別の人とイチャイチャしているのって
たとえ愛人だったとしてもなんか凹む・・・
そうなんだ・・ギル様・・って軽くショックでした(´∀`うほー。
ローズとは大人な関係みたいです。

あ、でもそれは各ルートでも出てきてた!?
ロウは酒場で別の女に誘われて、「あれはたまたま抱いてやっただけ」とか
ウィズレイは「屋敷に出入りしている巨乳好き」とか
セラは「相手と持って数ヶ月」だとか、
やっぱりマフィアの大人の世界なんで、そんな話もあるんですかね。
男同士の艶っぽい「お前アイツとどーなの」的なやり取りも
結構でてくるし・・・。

そして、戦いの時にギルを身を挺して守るマナを見て
見守るだけで永遠に手は出さないつもりだったが、たとえ死が相手でも
奪われたくないと思った。
失うくらいなら、誰よりも先に俺が奪ってやる・・・と。

一年後に、「ギルフォードの影」と呼ばれギルを守る
ブレイドになったマナの姿が。
昼間の活躍のご褒美として、ギルを求めちゃったりしています。
最後のスチル色っぽい。

ギルの闇BADは、BADっぽくないです。
最後に撃たれて(爆破して)しまうシーンで、ギルが無理やりマナを魔法で助け。
常に自分と「同調させ」痛みの変わりに、快楽の意識しか繋げず・・
セラ曰く「愛玩動物」のようだと。

このストーリーちょっと意味が分かりにくい・・・
マナは生きているけど、半分死んでいるような感じなんですかね?
どちらにしろ、生きている限りギルの「同調」がないとダメで
ずっと光の鎖で繋がれ続ける。そんな終わりでした。

以上が闇ルート。
こちらだけ見てもなんだか複線はあっても、
まだ真相はででこないですね。

ギルフォードとの事も、ギルが嫉妬する事はチラチラあっても
基本的に彼は抑えているので(笑)
甘さには欠けると・・・。
それでもこんだけかっこいいギル様ってなんなんだ。


さて、光ルートですが・・・
ネタバレ出来ない以上書くわけにはいかないので省略・・・。




それでも↓(以下反転)


でも悩んで・・・、やっぱりNOISEの世界観が大好きだったので
どこかで書いておきたい。

そのまま書くとアレなので
パスワードをかけた記事にしたいと思います。

NOISE~Voice of Snow~ 感想1の記事のどこかに
記事とは無関係な数字のパスワード(4文字)があるので
それを打ち込んでください。
すみません、よろしくお願いします(´=Д=`


ギルフォード光ルートへ

--------------------------------(反転ここまで)




NOISE~Voice of Snow~ 感想5 (カミル)

 

あぁぁ。とりあえずGHPを予約済みなんですが・・
それまでに期間が開いてしまってどうしよ・・
Confidential Money・・・鳥さんcvかぁ。
operetta dueのdairyも評判が良いし、ダウンロード版は激安。
まぁ、さっさとブログにnoise感想アップして
次のゲームどうしようか考えよう。


それより、ラスト感想UP予定のギルフォードルート・・・・orz
無い頭をフル回転して自分なりに結果は分かったけど
「end0をネタバレしないようギルの真相に迫るのって可能??」
「どこまで書けば・・いっそのこと全部書くか!!」←やけくそ

まぁ、とりあえず他キャラ書き終わるまでは悩む事にします・・。


NOISE~Voice of Snow~ 感想5 (カミル)

Operetta Noise -Voice of snow-

-------------------------------------------------

街で出会う陽気な花売りの青年。
落ち込む主人公を優しく慰めてくれる。

ある条件を満たすと 彼とも親密な仲になれるが・・・・

-------------------------------------------------



「そこの可愛いお嬢さん、幸せの花はいかがかな?」




優しく微笑む花屋の青年。
ふふ・・・ふふふ・・・乙女ゲーですからね。
見た目どーりであろうはずもない(・・・・といいなぁ・・・)
という期待を完全に叶えてくれるキャラ登場。


魔銃を手に取り皆を守りたいと決意するマナでしたが
実際は何も出来ない自分を歯がゆく思っている毎日。

いつも会う花屋のカミルと会話をしているうちに
今の立場の不安や不満を相談する。
「皆を守る為なら命をかける覚悟もある」
と言うのを聞いて
「ちょっと話があるんだけど良いかな^^」と向かった先は
敵対しているダイオスの境界線近く。

不安を口にしたマナに、振り返ったカミルの顔に表情がなく・・。
そこでカミルの本当の名前 カーマイル=ダイオス を聞かされ。
ダイオスの首領の息子でした。・・・彡(´∀`
突然纏う雰囲気が変わり・・・。

笑顔なのに 目が笑っていない。
笑顔なのに 冷たい殺気。

マナの覚悟を試す為の脅しだったと、急に元の優しいカミルに戻りますが。

僕の女として、ダイオスの屋敷に住んで欲しい。
現在ダイオスは2つに別れていて、父の首領派・カミル派。
ディクスとの争いに反対しているカミルは、新しいダイオスを作る為に
マナに協力して欲しいと。

頷くマナ。 ←!!!(゚ロ゚!!

そしてダイオスの屋敷に入る前に
「これから僕がどんなに変わっても驚かないで欲しい」

屋敷の人がカミルたちを出迎えて、マナに気がつくと



声が・・・(´゚Д゚`カタカタカタカタ
殺気をまとって常に不機嫌そう。でも部屋に入ったとたん
「やっぱり驚いたかな?^^」ええそりゃあもぅ

情報収集のために色々な自分を使い分けているうちに
どれが本当の自分かわからなくなった、と。

「キミは、僕の・・「女」でしょ?敬語で話し合っていたらおかしいと思わないかい?^^」
「・・・練習だよ。恋人らしく見せるためのね^^」

抱き寄せられて
「お前は俺の女だろう、マナ。俺をどう呼べばいいか、・・分かるよな?」

くっ・・(><) こんなベタな設定に・・・・萌え///

「もぅ一度・・・・」
耳元で低い声で囁かれ・・背筋に震えが・・・

「ははっ、そうそうそんな感じ^^」
・・・こっちまでマナと一緒に翻弄されてます。

で、カミルルートではちょこちょこギルと話し合っている場面があるんですね。
他ルートでもそんな気配はチラとでてきたけど、やり取りの内容までは
分からなかったので・・・しかし、マナをカミルに奪われてイライラしている
ギルはちょっと可愛いです。いきなりカミルに魔銃撃ってるしww

マナはカミルから戦い方を学びますが、予想外のマナの魔銃の威力に
息を呑むカミル。気を失ってしまうマナは・・・。

新しい魔銃をプレゼントされ。ギルからもらった銃は壊れてしまったからと。
他の男からもらった銃なんか必要なんですもんね?カミルさん。

この後も冷たくて殺気だった色っぽいカミルと
部屋に入ったとたん優しいカミルに交互に翻弄されます。
ロウがセラの命令でマナに会いに(殺しに)来た後から
黒いカミルさんちょっとづつ出て来ますねー。もっと嫉妬してー^^

ダイオス側の家庭事情wもカミルルートで分かるし
カミルがどうしてギルと手を組もうと思ったのか。
どうしてマナを引きこんだのか。

マナを利用して、いずれは殺そうと思っていたけど・・好きになってしまった。
もぅ、利用する事も殺す事もどちらも出来なくなってしまった。
どこへでも逃げてもいいと言うカミルに・・。
ここへ残る。ここでディクスの皆を守る。
何よりカミルの傍にいたいと願うマナ。

・・・求婚されました・・・^^そしてそのまま・・うーん暗転?
ってそれ母親のベットだろう(ーー;)

その後ディクスとの大きな戦いが起こりますが
その場面でとっさに見せたマナを心配するカミルの表情を見て・・。
(そっちが本当のカミルなんだね・・・)気がつきます。

カミルは、無事にダイオスのボス(父)を倒し
マナもダイオスの屋敷に残るボスの手下を倒し無事に再会する二人ですが、

「・・・もぅ抑えなくていいんだよ」
「どんなカミルでも私は好きだよ。だからもう、自分を抑えないで」

「・・・逃げない?」
「本当に?」
「んーー・・・・じゃあ」

「全部俺のものにしていいって事だよな」
「前言撤回は許さないからな。・・・離してくれって泣いて頼まれても、
もう離してやらない。」



5年後。





いい感じじゃないですか。なんだかラブラブみたいですよ。
すっかり「ダイオスのボスの女」って感じです。
カミルの色香に当てられてマナも大人っぽくなったみたいだしww


以上がカミルBEST END。BADもひとつありましたが割愛。

個人的には、カミルルート良かったです。
敵対するローチの様子まで伺えた事は面白かったし、
このルートがなければ、ただの「キザで優しい花売りの青年」
止まりだったんでね ε- ( ̄、 ̄)




それから、以下は本当に私の個人的な感想・・・。

カミルルートのある選択で、ダイオスのボス(父)寄りのルートに入れます。
だけど、これって本当に必要だったのかなぁ・・って思いました。
マナ・・・惹かれちゃうんですよ、ボスに。

カミルは、組織しか省みずに結果母が死んだ時も気にもせず。
そんなボスを心底憎んでいるんだけど。
ボスルートでは、そんな父の葛藤がチラリと見えて
マナが心を寄せるのも分かるんだけど。

いらないよ・・・ヾ(´゚Д゚`。
ディクスからダイオス側について、カミルと一緒にいるのに
その父親に!?!?って何一体!!?? って嫌悪感がorz。

大好きなゲームだけど、これだけは余計だよ!!と思いました。。




NOISE~Voice of Snow~ 感想4 (ウィズレイ光BAD+ヴィネ)




NOISE~Voice of Snow~ 感想4
 (ウィズレイ光BAD+ヴィネ)


NOISE~Voice of Snow~ 感想3 (ウィズレイ)
より引き続き光のBADを少し。

光ルートの「獅子の狂気」は正直BADらしいBADだなぁと。

甘い時間を過ごすようになった二人ですが、マナの体調がすぐれず。
ある日倒れてしまいます。

倒れたと聞いてやってきたギルフォードが、
マナの額に触れ、中を視て・・(笑)子を身ごもっていると。
ウィズレイの喜びようときたら^^

しかし、ギルの冷たい声が・・。

「まずは土下座して額を床に擦り付けながら、
『結婚してください』だろう。そんな頭が高くては、
断られかねない」

あ、あの・・・


「そうだよな、こういうのはけじめが大事だよな」

「では先に、俺に向かって土下座しろ」

「何でお前に土下座しなくちゃなんねぇんだよ(怒」
「待ってろ、今・・・」

あのっ。私ウィズレイ様と結婚したいですっ。

「本当か????」

「ちっ」

「何で舌打ちなんだ、おい。」

そうだよね・・ギル様ww。あながち言っている事は間違ってない
んだけど、ウィズレイからしたら訳分からないギルのセリフw。
ところどころに各ルートで見られる
ギルのこういう場面や感情がすっごく好きだったりします(笑)

身重になる前に、山奥の別荘へと移動する事を提案するギル。
マナとウィズレイはそちらに住む事になりますが
ある日買出しに行ったウィズレイが戻ると・・・・










あー・・・。ウィズレイ・・・狂ってしまいました(・ω・`
「何で誰も俺を殺してくれないんだよ・・俺を殺せよ!!」
ギルに縋って泣いてるのが切ない・・。
2年後もやっぱり狂ったままで。
このBADは後味悪いけど、強烈な印象だった。
誰一人幸せにならないけどね・・うん。


ウィズレイルートは以上で終わりーー。


さくっと次に行きまーす。


次は、色々なルートにも出てくるダイオス側の刺客ですが。
多分、セラルートの最後の戦いでマナに魔法使ってくる刺客もこの人だよね?


ヴィネ。



見てください。この極悪人顔ww ヒャッハー!!。
怪しいよね・・・怪しすぎるよね・・・。

彼はウィズレイルートから途中分岐で入れました。

屋敷のお手伝いさんに、お買い物を頼まれたマナは町に行きますが
その最中、迷子になったかわいい女の子を見かけて
家まで送り届ける事に。

最近越してきたばかりで道が分からないと泣く女の子*ウェンリィが
「あっちだ!」と思い出した場所の方を指した先は、
敵対するダイオスが仕切る西側地区。
近づくなと言われているマナですが、最後まで送り届ける決意。

そして、まんまと変な奴らに絡まれ・・・たところで
別の男が現れて瞬殺。
ウェンリィのお兄さんでした。

「コラーウェンリィ。どこ行ってたー?気ぃつけてくれよー?
無敵のお兄様だって、万能じゃないんですからねー」

ううっ、この飄々とした感じ・・めっちゃタイプだわ@@。 ←聞いてない

ウェンリィに誘われて、自宅まで行く事に。
そしてこれからもちょこちょこ遊びたいとお願いされて断れないマナは
どんだけ危機感のないお人好しなんだ・・・(ため息。

通りの向こうで出会ったとウェンリィから聞いたヴィネは
何かを悟っているみたいですけどね。
ちゃんと、安全な向こう側まで帰りもマナを送り届けてくれます。

それからまた次、ディクスの人たちの目を盗んで
ウェンリィに会いに行こうとすると 突然ヴィネが現れて警告を。
お人よしだ、バカだ、あほだ×10と言われるけど
散々ののしられた後に、根負けした様子で呆れ顔のヴィネが

「この俺が、タダで雇われてやろうじゃありませんか」

「護衛だよ、護衛」


く・・・ツンデレめ・・・・。こんなところに隠れツンデレがおった。

「なんだぁ、そのアホ面」 もっと言って

実はマナを心配したウェンリィがヴィネを使いに寄越したらしい。
命知らずにもあたりをキョロキョロしていたマナを
抱えて歩き出すヴィネは素敵過ぎる。

ヴィネは用心棒の仕事をしていると無邪気に言うウェンリィですが。
彼女の体が昔から弱くてな・・と呟くところを見ると
お金のために用心棒(仮名)やってるんですかね。

そして、幾度と続く遊びの行き来のたびにヴィネも送り迎えを
してくれている様子。
そんな場面をなんとウィズレイに見られ・・

普通の人ではなく、マナは組織の人間だから向こうに行くのは
何かと厄介だ。やめておけ と。
別れの挨拶をしたいと言うマナに、ウィズレイが同行しますが
いつもは境界線まで来る ヴィネがいつまでたっても現れず。

日を変え何度も境界で待つマナですが、やはり待ちぼうけ。
そのうちに、ウェンリィに会いたいというより
ヴィネに迎えに来てもらいたかったんだ・・という気持ちに気がつくように。

だけどね ここで真相が。
16年前、ウィズレイの家族が殺された現場と同じナイフ。
それを残した犯人らしき人物を追っていたウィズレイと
路地裏でヴィネを見かけたマナが走ってきた先は同じで。

どうしても真相が知りたいマナはなんとヴィネの家に行ってしまいます@@

そこには家で1人で兄を待つウェンリィが。
最後に約束していたあの日、お兄ちゃんは1人で帰ってきて
「忙しくなったからもぅ遊べない」とだけ言って。
でもその日から・・様子がおかしくなってぼんやりしたり
考え事したり。
マナにだったら・・頼める。お兄ちゃんを探して欲しい。







見つけたと言うより・・・。絡めとられましたヾ(´゚Д゚`。
「ここでお前を殺しておくのが一番の安全策だ」
「世間って冗談みたいに狭いね」
「同感だね」
「家まで知られていると厄介でさぁ。そんな首飾り下げている上に
 (ギルからもらったお守り=ディクスのボスの女の証)
ディクスの獅子となかよしこよしと来た」

「じゃあ、なんで・・・すぐに殺さないの」

アンタは、ここまで来て妹を心配するくらいのバカだから・・
次の仕事は厄介で、おれに「もしも」があったらアイツを頼む。

あーぁ、兄弟そろってマナに・・・
と思ったら、次の仕事は「ディクスの獅子(ウィズレイ)」をーーー。
襲撃予定日までマナに教えて・・。

さて、どうするか悩むマナさん。

そりゃ・・・ウィズレイにさっきの情報を教えたら、ヴィネが死ぬ可能性が高い。
ヴィネはマナがウィズレイに言うのを見越して、
自分が死んだときに責任感からウェンリィを引き取ってもらえるように
仕向けたんですかね。

結果的に黙っているわけですが。

聖夜の次の日、元妻の墓へと向かうウィズレイに同行します。
この日命日で。そこを見越してのヴィネの選択。

ついにヴィネが現れ 戦う二人ですがウィズレイに瀕死の傷を
負わされても立つヴィネは、リリン(麻薬)のおかげだと。

魔術と魔銃でかたをつけようとするヴィネを見て、
マナがとっさに飛び出して____。

「だめーーーーっ」
「なっ!?   ・・・っの馬鹿が・・・・!」

ウィズレイは無事でしたが、足元に倒れ伏すヴィネの姿が。

「っ、よくも展開中の式のバラシなんかさせやがって・・・」
「く、そ。体が動きやしねー・・・・・」
「・・・・バカ女」
「まったく、邪魔しやがって・・・」


ヴィネがとっさに術を放つのをやめた時の、
式の解除のダメージ全部がヴィネの体に行ってしまったらしい。

「そいつを・・・連れて行け」
ううっ、ウィズレイ様。可哀想過ぎる(涙
でもごめんなさい。そういうルートなんでごめんなさい。

肩を貸して2人でフラフラと歩くも
「・・・どこに行く気だよ」ダイオスの方へ向かっているマナをみて
今ならまだ間に合うから、帰れよ と足を止めるヴィネ。

「怪我人がうるさいです。私は帰りませんし、
ヴィネさんをウェンリィのところへ連れて行きます」


「ちっ・・・・・」

ここにも舌打ち野郎がww


「このまま俺と一緒にいると、本当に戻れなくなるぞ。」
一歩。

「ひどけりゃ、裏切りもん扱いだ。俺の首でも手土産にすりゃ、
また違うかもしれないけどな」

「そんなことはしません。」
一歩。ヴィネの家へ。


「俺なんかの世話したって、幸せになんかなれねーぞ」
「そうかもしれませんね。」
また一歩。

「・・・お人よし馬鹿」 ←声がめっちゃ優しいのはずるい
もう一歩。


「・・・・なら、俺と一緒に逃げるか?」
一歩。 隣で踏み出される足。


殺し屋家業だし、ウェンリィだけでも弱点なのにあんたまで抱え込んで
続けらけるかも怪しいうえに、
・・・俺は重度のリリン服用者ときてる。

「それでも、来るか」
「ったく、散々忠告してやったのに・・・。
それでもついてくるって言うなら・・・
もぅ、逃がしてやれねーぞ」




殺し屋で麻薬付けの男に何を期待しろと・・・
でもこの一緒に堕ちていく感じがたまらない(笑)


と思った2年後。



旧王都を離れ3人で転々とする生活。
なんとヴィネが農作業を・・・・(*゚Д゚)・:∴ぶーーっ
マナに膝枕までされちゃって・・・。
殺し屋とリリンは手を引いたらしい。
蓄えも十分にあるけど、一応働いておこうって農作業・・
マナの子守唄を聞いている二人は、体調がすこぶる良く。
壊理治すくらいだからね^^

しかも、結構なラブラブ加減でご馳走様って感じでした。
以上BEST END。



うひー、ヴィネやっぱ好きだわ・・・。
やっぱり ツンデレの「バカ」って裏を返すと好意なんですかね。
ああ、何度も言われると最後には「好きだ」に聞こえてくる不思議。
「バカ」も微妙に声色が違うと色っぽいとすら ←

駄目男だと思った人は、実はすげー責任感強くて転職してくれて
お金もってて・・なんて嬉しすぎるww

とっても好きなキャラでした(声も良かったし)。




NOISE~Voice of Snow~ 感想3 (ウィズレイ)

 

NOISE~Voice of Snow~ 感想3 (ウィズレイ)

続きましてはウィズレイ感想です。


Operetta Noise -Voice of snow-


-----------ウィズレイ


監査役のセラヴィスと並び、組織のNO.2で副ボス。
また、元ギルフォードの兄貴分であり、今はよき部下で
親友でもある。
口数の少ないギルフォードの変わりに、良く弟分たちの
相談役にもなっている。
本人も頼られるのが好きで、困っている身内(組織の人間)を見ると
放っておけない。
ディクス家に来て戸惑う主人公にとっても
兄のような存在となる。

----------------------------------------



毎度の事ですが、ネタバレご注意よ!!




感想書くにあたって、当然ウィズレイルートを思い返して見たのだけど
不思議な事に闇ルートが全く思い浮かばない・・・。
なぜだーと思ったら 闇ルートって光が5章あるのに3章しか
ないのね・・・。

と言うわけで





*闇ルート----------------




ブレイドになりたいと言うマナ。
ギルとウィズレイに猛反対されるも、
ギルはマナの「家族を守りたい」という思いに
許可を出しますが、ウィズレイは猛反対。

それを聞いていたセラが「覚悟があるから師になる」と言ってくれ
儀を受ける事に。

だけど、反対しているウィズレイは姿を表さず・・・
無事にブレイドになった事を報告しに部屋に行くと、
なんとウィズレイには昔、嫁さんと子供がいた事が判明ヾ(´゚Д゚`

子供が一ヶ月頃、仲間のブレイドの裏切りによって
敵対するダイオス家に2人は殺され(16年前)。

と言う過去から、ウィズレイは「裏切り」を極端に嫌っていた事が
判明します。
マナはその亡くなった娘さんと年が近かったんですね。
だからこそ思っての、反対でした。

まあでも、なっちまったもんは仕方ねーと、酒場へお祝いに^^
んーと、ロウが兄貴分でセラが師で・・・
ウィズは・・・まあいいかどーでも。←


未成年ですがね。お酒飲んで。
子供扱いするウィズレイが気に入らないマナは、結構大胆ですね。
「私だって大人です!!」と突っかかると・・・

酒場の裏の路地裏に連れて行かれ

「どう大人なのか、証明してくれんだろ」
「も、もちろん証明できますよ。大人ですから」


「へぇ・・・」
「大人なら・・・俺の相手も出来るよな?」















この人のせいできっとエロゲーだと思われるのかもしれない。
と 本気で思った(笑)。
セラ様だって抑えてたよ!舌打ちしてたけどww

いくら酔ってて、マナの挑発に当てられたとしても
いきなりキスもした事もない女の子相手にこれは(足上げちゃ)ダメだろオッサン・・・。
まぁ結局何もないんですがね(・ω・`


「少し脅かすつもりが、とんだミイラ取りじゃねぇか・・・」ホントだよ・・。


で、また日を改めてロウと3人で酒場に行くんだけど・・・
マナに抱きつくロウにイライラしてみたり・・・
他のブレイドから告白されて、キスされたところを見て怒ってみたり・・
必要以上に子供扱いされて「大人ですっ」と怒るマナに、
あぁ、なんか上にも同じ事書いたっけ?
ついに本気のキス。→我に返るパターン。



「最悪だ・・・」 だから勉強しようよ



しかもそれをセラ様に見られていたらしいww

「まさかあんなに貪っておいて、まだ「子供だ」なんて
言うんじゃないでしょうね」
 
くくっ、セラ様強すぎる・・ww

セラに本気になってまた大切なものを失うのが怖くて
子供だ大人だと言っているだけでしょうと、指摘され。

結局、セラの思惑で(ちょ、セラ様ドキドキするわw)ウィズレイが
嫉妬してマナに想いをぶちまける訳なので結果オーライ^^。
さすがセラ様彡(´∀`。

そして、ここでもダイオスとの戦いが起き、屋敷の留守番を任されるマナですが、
屋敷に元ブレイドの裏切り者が・・・
屋敷を守る為、初めて人を殺してしまうマナに優しく接するウィズレイは
やはり年上キャラ包容力ばっちりです。

そして最終の戦闘で、別々に戦っていたウィズレイとマナですが
マナが相手側に捕まり。ですが、重症ながらに逃げ延びて
探しに来たウィズレイと出会い______。

3年後、共に戦う二人の姿が。
相変わらず会話がエロイです(笑)

以上がbest end。

うーん、ルート書くに当たってもぅ一回プレイしてみましたが
やつぱりコレといった印象がなく・・薄い気がします。

光ルートが結構良い感じで、ウィズレイの過去に絡んだ終わりだったので
(良くも悪くも)光から先にやってしまったから余計・・なんだと思います。


*光ルート----------------


若い頃に嫁さんと子供がいて、仲間の裏切りにより
殺されてしまった、というあたりは同じです。

生きていたら同じ年くらいの娘であろうマナに優しくするウィズレイ。
だけどマナの方は子供扱いに思えて複雑な心境の様子。

このルートでは、
兄がすでに死亡していたと知るのは他のルートと同じだけど、
ウィズレイが調べたところ何かおかしいと。
記録がなく、誰かが弄った可能性が。マナが調べても
妨害があるかもしれないし、自分も気になるから
協力してくれると言うウィズ。

お互いに気持ちを持ちつつも、まさかと否定し合う二人ですが、
そんな二人の前にセクシーな女性*ブレイドのローズ*が現れます。
彼女は幹部の娘で、ウィズレイの亡くなった奥さんの姉妹。
そして、何と何と(まだ秘密だけど)ギルフォードの・・●い●ん・・・ギャー。

ウィズレイのためにも、これ以上近づかないでくれと忠告。
一度愛する人を失っているのに、二度も失ったら今度こそ狂ってしまうと。
ギルのルートでもローズは出てくるんですが、
これが嫌な女かと思ったら、ほんっとうに魅力的な良い人で
もぅ大好きになりました^^ナイスバディでブレイドとしても強かったら
もぅサイコーだよね。

そして、ロウの裏切り発覚。
仲間を信じるウィズですがどうする事も出来ず・・
次の日、部屋に様子を見に行くとお酒飲んでる・・・

「今は最高に機嫌が悪いから、近寄るな。
むしゃくしゃしてるから、お前に乱暴するかもしんねぇぞ」
「来るなっていっただろ。犯されてぇのか?」

んきゃーww でもまだまだ思い止めますww
ですが、やっとお互い想いを口に出来て。
光ルートだと、マナは癒しになるんですね。
外で血なまぐさく戦い、疲れた男が「あいつが待つ屋敷に戻りたい」と
そう思うのも何となく納得。

そんなある日、ギルがウィズレイに
「最近随分と変わった探し物をしているらしいな。
捜索を中止しろ。これ以上続ければ皆が不幸になる。」
「お前が真実を知れば、今の組織は維持できなくなる。それでもいいのか」
最後の方は、頼むから捜索は中止してくれと言うギル様。
おおっ。これは・・・・!!

そんな折に裏切ったと思っていたロウが。
ブレイド達はロウが持って帰って来た情報を元に戦いに出ますが、
ウィズレイは、たまたま屋敷に遊びに来た施設の頃の友人ヒューイと
共に、一度里に帰れとマナを返します。
危険なこの屋敷に置いておけないと。
渋々頷くマナでしたが、何と乗った馬車が敵に襲撃され・・・。
どうやらディクスの男の妻だと勘違いされた様子。

そんな動揺した様子では使い物にならないとマナを助けに行く事をウィズに
命令するギル様素敵w

「貴方も大概うそつきですね」
「本当は誰かに任せずに自分が飛んでいきたいくらいでしょう。」
「・・・俺はディクスのボスだ」
「ええ、知っています。そんな貴方を支えるのが私の勤めですから」
「行くぞ、セラ。俺についてこい」
「_____それはもぅ、出会ったときから」

うわー。
この2人のやり取りめっちゃかっこいい。ってか、セラ様って
何ですか千里眼ですか。ストーカーですか。
どんな隙間にも、壁の向こうにもセラ様の目と耳がありそうで怖い(笑)

そして何とか逃げ出すも追い詰められたマナは絶対絶命。
がウィズレイが助けに(お約束)
しかし、相手の刺客が・・・なんと16年前にウィズレイの妻子を殺した
殺し屋でした。




とどめを刺そうとしたときに、殺し屋の妹が飛び出してきて
兄を守ろうと・・・。おにぃちゃんを殺したら私がお前を殺してやる。
こいつは見逃してくれ、俺だけ殺せ。

終わらない、負の連鎖。ウィズレイは刺客を逃がします。

あっと!
いきなりですが、この刺客のおにぃさん。
こんなチョイ役ですがね・・・・。



攻略できます。

(大きい声で)


しかもスゲーいい男。
(妄想フィルターON)

もぅ大好きoperettaさん・・・ヽ(´Д`

越えざるは~のエスタといい、こういう刺客キャラに弱い自分に今気がついた!。
ギル様萌えのはるあさんとしては、
2位くらいに萌えキャラに上げときたい。(高すぎ


でも、仇がうてなかったと・・震えながら泣くウィズレイが不憫で。
そうだよね・・そのためにずっと探してきたんだものね・・。
でもマナがいるから、もぅ大丈夫かな??

*5年後
2人の間には可愛い子供が^^。
敵対勢力もなくなり随分と平和な日々。
幸せそうな3人のスチルも見られて良かったー(´∀`。


ウィズレイルートは基本甘い感じでしたが、
セラ様の方がエロさで言うと上だったかなぁ。
まぁ闇ルートはそれなりでしたが、ロウはずっとそんな感じだったし(笑)

あまりハラハラもせず、さすがオヤジキャラ?って事ですよね。


次回は光ルートBAD+せっかくなので刺客のおにぃさんルート
行きまーす。

あぁ、ギル様まで道のりが・・・orz。



NOISE~Voice of Snow~ 感想2-2 (セラヴィス)

 
NOISE~Voice of Snow~ 感想2-2 (セラヴィス)
NOISE~Voice of Snow~ 感想2-1 (セラヴィス)はこちら



Operetta Noise -Voice of snow-

まさかの記事分け。どんだけセラ様語るんだ。( ゚д゚)ァラヤダ
自己満足なのですみません。

では早速闇√。-------------------




皆を守る為に戦う方法を知りたいと、ブレイドになる事を
セラにお願いするマナ。セラも許可し、ギルに儀式をしてもらいます。
訓練も順調の中 早速実践に出ますが、
仲間を見捨てる事になる事実に改めてブレイドの厳しさを知ります。

セラの闇ルートはほとんど実践で戦っている感じですね。
ギルを守る為についているセラを護衛するといった感じですが
基本はギルフォードを守る、という事なのでギルや組織を守る為なら
マナも見限られる、といった緊張感があります。
光ルートとは逆だなぁ・・・。

そしてついに敵のダイオス家のボスを打ち取る事に。
マナも強い意思で護衛に当たります。
屋敷内で、セラとギルの二手に別れる場面で
ギルフォードの護衛についたマナ達2人はついにダイオスのボスと対面。
(セラにつくとBADです)

激しい銃撃戦の末、マナのピンチをギルが庇い負傷。
(本末転倒・・ではないでしょうか・・・ギルフォード様・・・。)

前と後ろに敵、圧倒的な敵の魔法陣に立ち尽くすと
遅れてきたセラが ギルフォードだけに障壁を張り、それを援護するように
マナがギルを身を挺して守ろうと立ちふさがりますがっっっ

ロウが間一髪でマナを助けます。
えらいっ、ロウやっぱかっこいいwwww

「お前・・・何でこいつを助けなかった。答えろ」
「あの状況では2人同時に助けられません」

そして意識を手放すマナ。

このルートではセラ様、結構冷たいですな。
甘さはちっともないです。

意識を戻すと、何故かセラのベットで。

「今日はすみませんでした。ギルフォード様をお守りできず・・」
「それで用は終わりですか?」

反省したなら次に生かせと書類から顔も上げないありさま
部屋を出て自分の部屋で泣こうとマナが退室しかけると

「・・・嬉しかったですか?」  (( ´゚,_ゝ゚):;*.':;んん?)
「はい?」
「ロウに守られて、嬉しかったでしょう?」 (( ´゚,_ゝ゚):;*.':;この展開はっっ)
怒っている様子のセラに
「え、えっと正直嬉しかったです・・・・」 (!?(゚〇゚;)あっ、バカバカ...)










「そうですか」













キター。

待ってましたっ。眉間の皺がすてきーww
嫉妬全開セラ様。
ああ、彼の地雷はロウだったんですね。

憎たらしいんですって。イライラするんですって。 ←おばさん的
で、暗転。

早いなぁ、展開。ここまで、マナの気持ちは自分で自覚していても
セラのというか、お互いの気持ちが分かる場面ってそんなになかったような気も・・?
いや、セラなら全てお見通しか。


きっと闇ルートだと、一緒に戦っている分大人びてしまうんでしょうか。
確かに光ルートのマナは無垢なイメージで、そうそう手を出せない
感じですけどねぇ。

そして最後まで、ギルと組織を守る為に
セラが撃たれても
人質に取られても
ギルのそばに行くマナは・・すごいっ。
私なら愛する人守っちゃうだろうなぁー ←ダメな奴

ラストの
「ベッドの中でも好きでしょう?・・・犬猫のまねをするの」
いいですーセラ様(笑)。大人っぽい関係なんですかね。
結婚する事はあっても、きっと「組織とギルが最優先」は2人の中で
変わらないんでしょうね。


と言うわけでセラルートは以上です。


光ルートが長かった分闇ルートはあっと言うまに
終わってしまった印象です。
というか、確かに一章分少ないんですよね。
その分色っぽい事も最後に満載だったのでまぁ良しとします^^。


次はオッサンキャラのウィズレイ行くわよーーー。
彼のBAD ENDは素晴らしく(と言うのもヘンだけど)
後味が悪いものでしたのでこうご期待。 ←



購入&プレイ予定
*-tetrascopu
------------------

↓積み中↓
アルカナファミリア
アルカナファミリア幽霊船
二世の契りFD
裏語 薄桜鬼FD
レンドフルール
絶対階級学園
Vamwolf Cross
プレイ済感想UP未定
プレイ済ですが感想up未定or途中

スタスカ秋after
華アワセ~姫空木
忍び恋うつつ
薄桜鬼
薄桜鬼 随想録
薄桜鬼 遊戯録
緋色の欠片&FD&蒼黒の楔
翡翠の雫
ウィル・オ・ウィスプ
スクールウォーズ卒業戦線
vitamin X
vitamin R
CLOCK ZERO
ときメモGS3
TOKYOヤマノテBOYS ダークチェリー
TOKYOヤマノテBOYS BLACK VANILLA
TOKYOヤマノテBOYS PURE RASPBERRY
蝶の毒 華の鎖
蝶の毒 華の鎖 幻想夜話
ワンド2FD
いざ出陣!恋戦
デスコネクション
三国恋戦記
三国恋戦記FD
ヒイロノカケラ
ヴァルプルガの詩
ディアラバDF
CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
はるあ

はるあ

Author:はるあ
2014年5月にjugemからお引越ししました。
記事内のリンク(主に別記事への
リンク)作業が追い付いていない
ので、お探しの場合は右上の
検索フォームをご活用ください。

乙女ゲーと声優さんが好き。
柿原さん/宮田さん/森川さん/
櫻井さんあたりに萌え叫びます。
特にカッキーに発狂ぎみなので
カッキーキャラは
感想記事がおかしくなります。

プレーリードッグやジリスに激萌え。
今は後をついて歩いてくるモルモット♂を溺愛中。


Twitter @harua355

Twitterブログパーツ<br />


Twitterブログパーツ






最新記事
月別アーカイブ
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
ブロとも一覧

月虹GATE

続・乙女でもいいですか?

萌えの掃溜め

趣味は(乙女)ゲームです。

今日も幸せBLOG♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
counter
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。